おすすめのDVD4

「MW〜ムウ」…葛藤と冷血
ちょっとがっかりの作品。映像化不可能と云われた手塚治虫原作のコミックの映画化...
なんていうふれ込みの作品ですよく映画宣伝の常套句として「映像化不可能」という言葉が使われますが、とは言ってもこの作品みたいに映像化しづらいアンモ ラルな部分をスペック・ダウンして映画化されても困ってしまいますね。
本作も結城美智雄(玉木宏)と賀来裕太郎(山田孝之)が同性愛者であったという、この作品の最もキモとなる設定をきれいさっぱりと洗い落としてしまったた め、普通のクライム・サスペンスになっちゃいました...
という感じの仕上がりです。
もう少しこの2人の心の闇の部分をしっかり描いてくれないと、結城はまだしも、賀来がなぜあそこまで結城をかばうのかが説明できなくなってしまうと思うの ですが...。
とにかく、この映画版「MW」は心理劇として観るならば賀来のキャラクターの掘り下げが足りないし、クライム・サスペンスとして観るならば結城のキャラク ターに氷のような冷血さが感じられない(玉木宏の人柄がにじみ出てしまっているのだ)という、どちらにしても中途半端な印象だったのが残念でした。







body>